セルベスト化粧品

補充する美容液

ラメラエッセンス C ミニ(2回分)

内容量/1剤エッセンス1本 2剤ウォーター1本(2回分)
溶解後、冷蔵庫保管

通常購入

1,100円(税込み)内容量/1剤エッセンス1本 2剤ウォーター1本(2回分)

購入数
購入する

ご要望にお応えして
ラメラエッセンス Cのお試しサイズをご用意
持ち運びにも便利で旅行先でもケアできるミニサイズ

旅行先でも美容液を使いたいという方におすすめな、持ち運びできる便利なお試しサイズ。使う前に混ぜ合わせて作るので、便利。

お肌とほぼ同じ成分でできた「フェース生コラーゲン*1」が、世界初*の浸透技術でお肌に溶け込むように浸透*2します。肌成分を直接補充することで角層のラメラ構造を素早くサポート。うるおいが持続する弾力あるハリ肌に。乾燥による小ジワを目立たなくすることも検証されています。※

* 世界で初めての化粧料基剤を使用(2015年11月株式会社ベンチマーク統計研究所調べ)
*1 うるおい成分:生体リン脂質(水添レシチン)、生コラーゲン(水溶性コラーゲン)、フィトステロールズ *2 角層まで

※【乾燥による小ジワを目立たなくします】効能評価試験実施済み

1剤  エッセンス
成分:リン酸2Na、マンニトール、水溶性コラーゲン、ラフィノース、リン酸K、ヒアルロン酸Na、トレハロース、グリセリン、BG、水添レシチン、加水分解エラスチン、フィトステロールズ、カルボキシメチルデキストランNa
2剤  ウォーター
成分:水、BG、ペンチレングリコール、アスコルビルグルコシド、セイヨウナツユキソウ花エキス、リュウガン種子エキス、ローヤルゼリーエキス、クエン酸Na、クエン酸、水酸化K

フェース生コラーゲン*1配合

世界初*の高濃度フェース生コラーゲン*1
乱れた角層を整えていきます。

*1うるおい成分:生体リン脂質(水添レシチン)、生コラーゲン(水溶性コラーゲン)、フィトステロールズ
*世界で初めての化粧料基材を使用(2015年11月株式会社ベンチマーク統計研究所調べ)

こだわりの無添加

合成界面活性剤*1・パラベン・フェノキシエタノール・エタノール*2・鉱物油・香料・色素 無配合

*1 親水基・親油基とも石油起源の化合物から成る合成界面活性剤
*2 エキス抽出用エタノールを除く

「カット・ソッド・アッセイ」通過

活性酸素を発生させない成分を使用※

※同志社大学名誉教授の西岡 一先生(1934-2014)が開発され、今は京都大学大学院生命科学研究科附属放射線生物研究センター・松本智裕教授に受け継がれている「カット・ソッド・アッセイ」を用いてテストしています。この試験法は、遺伝子改変を施した細胞で、テスト成分が発生させる活性酸素を直接観測する試験法です。当社の商品は、この試験法において活性酸素の発生が観測できなかった成分のみを使用しています。

この試験法をご教示くださった、
同志社大学名誉教授 西岡 一先生に感謝いたします。

商品レビュー

M 様

何年も愛用しているFaithグループさんの妥協なしでこだわり抜いてる化粧品。フリーズドライされた生コラーゲンを専用ウォータで戻して生コラーゲンに。瞬時に肌に浸透してラメラ構造を整えてくれる。だから塗った瞬間に実感。

M 様

A 様

こちらはお試しサイズですが確かに使ったあとはぷるんとお肌にはりつやが出たかな?と少し感じることができました。

A 様

C 様

美容液のラメラエッセンス C。ほんと、肌に浸透する感じが凄い

C 様

R 様

少しとろみのあるようなテクスチャーで翌日の肌の調子良かったです♫ モチモチで肌触り良かったです。

R 様

※あくまでも個人の感想であり、効能・効果を保証するものではありません。

エステティシャン野上が
おすすめする

ポイントと使い方のコツ

試しに使ってみたい方へ。
お肌に浸透*して美肌になるための基礎を作る役割なので、洗顔後一番のまっさらな状態に使っていただきます。やさしく手を当てるだけですみずみまで浸透し、やわらかい肌になります。浸透のコツは「ハンドラッピング」の動画をご参考にしてください。

*角層まで

使い方

使用量目安:ラメラエッセンス Cミニは2回分です。1回分ご使用後、残り半量を冷蔵庫で保管ください。

  • 1こばさないように、半分の量をゆっくりと、手のひらに出します
  • 2指先をエッセンスに浸すように取り、顔全体にスタンプのように置いていきます
  • 3両手にエッセンスを広げ、気になる箇所2~3か所を3秒程度ずつ両手のひらのやわらかい部分で密着させるようにお肌をおおい、じんわりと浸透*させてください *角層まで

※溶解後は、冷蔵庫で保管してください。

POINT

  • 塗りのばすのではなく、手のひらのやわらかい部分を使ってラッピングするように、浸透*させていきます
    *角層まで