2 内面の美ライフスタイル通信…体の中から美しくなりましょう。

ビューティ食堂 BEAUTY RECIPE 美しいお肌は、毎日の食事から。おいしく食べて、体の中からキレイに!

あったか卵とだしが香る一品。空也蒸し(くうやむし)

  • エイジングケア
  • 免疫力UP
  • 疲労回復
  • むくみ予防
  • ストレス緩和
  • 1人分
81kcal

【材料/2人分】

  • ・卵1個
  • ・豆腐1/4丁
  • ・だし汁150cc
  • ・塩小さじ1/2弱
  • ・酒、みりん各小さじ1/2
  • ・薄口しょうゆ少々

A

  • ・茹でえび2尾
  • ・ぎんなん4粒
  • ・しめじ、みつば少々

卵はパックに入れたまま、卵のとがった方を下にして風通しの良い冷暗所や冷蔵庫で保存しましょう。

卵の主な栄養素

  • ● たんぱく質
  • ● 鉄
  • ● ビタミンA
  • ● ビタミンE
  • ● ビタミンB2

ぎんなんは粒が大きく、殻が白く艶があり、よく乾燥したものを選びましょう。殻のままだと日持ちします。

ぎんなんの主な栄養素

  • ● カロテン
  • ● ビタミンC
  • ● 脂質
  • ● 糖質
  • ● たんぱく質
  • ● ビタミンB群
  • ● 鉄
  • ● カリウム

【作り方】

  • 豆腐は1cm角に切り、しょうゆ少々(分量外)をふりかけておく。
  • だし汁にAを加え、よく混ぜ合わせておく。
  • 卵を泡立てないようにしっかりと混ぜ、そこに②を加えてこしておく。
  • 器に、汁気を切った@の半量とぎんなんを入れ、Bを器の八分目まで注ぐ(最後に大さじ1杯の卵液を使うので、少し残しておく)。湯気の立った蒸し器に入れ、弱火で11〜12分間蒸す。
  • 竹ぐしを刺して汁が出てこなくなったら、残りの豆腐、ぎんなん、茹でえび、しめじをのせる。その上に卵液を各大さじ1杯かけ、中火で3〜4分間蒸す。蒸し上がったらみつばをのせる。

ひとくちポイント!

蓋ができるフライパンや鍋の底に、キッチンペーパーを敷いて2cmくらい水をはれば、蒸し器がわりに使うことができます。

「ビューティ食堂」にご協力いただいています。

料理家  柴田 佳世子さん

フリーランスでWebや雑誌・広告へのレシピ提供ほか、各種イベント講師、メニュー開発などを行っている。
「省けるところは省き、手をかけるところはキチンと笑顔で料理」がモットー。趣味は、おいしいものと食器・キッチングッズ探し。

●ビューティ食堂● 撮影風景

ぎんなんの鮮やかな色!
秋のごちそうです。

季節の変わり目は、
体調をくずしやすい時です。
温かい料理で、体をいたわって
あげましょう。

レシピ撮影の風景をレポート!

ぎんなんは、イチョウの実の種。
イチョウの雌の木だけが実をつけます。

豆腐と卵がよく調和してやさしい味に。

食卓にも
秋の装いを
取り入れて
みませんか?