1 外面の美ビューティ通信…お肌のことを知って、もっと「きれい」になりましょう!

Question! 春先のお肌は、なんだか不調…お手入れは、いつも以上にしっかりと!夏からでは遅い!?Q「紫外線・青色光」対策

冬の寒さや乾燥により、バリア機能が低下したお肌は紫外線や青色光、花粉、ほこりなどの影響を受けやすい状態です。

花粉 紫外線 ほこり
朝夕の気温差  日中の気温差が大きく、湿度の低い日が多くなります。お肌は汗や皮脂の分泌量を一定に保てず、乾燥しがちな状態になってしまいます。花粉・ほこり 花粉やほこり、黄砂などが舞い上がり、お肌に付着します。冬の乾燥でバリア機能が低下したお肌は、外的刺激に敏感に反応し、かゆみや赤みなどの肌トラブルを招く可能性もあります。紫外線 春先の紫外線量は、冬の2倍もの強さになります。バリア機能が低下したお肌は、紫外線の影響を受けやすく、さらなるお肌の乾燥を招く可能性があります。青色光 青色光は、紫外線の次に強いエネルギーを持った光です。身近にあるスマホ、パソコン、蛍光灯、TVなどから発せられる青色光は、お肌にダメージを与える可能性があります。
気を付けて! 〈春の紫外線〉春からUV対策を始めるのは早いのでは?と思う方も多いでしょうが、紫外線の量と強さは、3月からぐんぐん上昇し始めます。この時季、紫外線に無防備なまま過ごしていると、お肌がダメージを受け、シミやしわの原因になる可能性があります。
  • 室内にいれば大丈夫?紫外線A波は、ガラスを通過します。屋内や車の中でも油断できません。 数分だけなら大丈夫?短時間でも、また朝夕にも紫外線は降り注いでいます。
  • 曇りならば大丈夫?曇りの日でも、晴れの日の60〜70%の紫外線が、また雨天でも約20%の紫外線が降り注いでいます。日陰だから大丈夫? 紫外線は、地表まで真っすぐ届く「直射光」と、空気中で四方八方に広がり地上に届く「散乱光」があり、日陰でも「散乱光」を浴びています。
意外と知らない! 「身近な青色光」スマホ パソコン T V 蛍光灯

油断しないで!
 知らないうちに、「紫外線・青色光」を浴びています。

Special Care まだ大丈夫…と思っているあなたも!「紫外線・青色光」対策を始めましょう!

「日焼け止め」で対策を!日焼けによるシミやしわは、ある日突然できるのではなく、日々浴びる紫外線の蓄積の結果としてあらわれます。日々のケアが、その後のお肌の運命を左右します。

美容成分配合!お肌にやさしい 毎日使える軽い付け心地!SPF40PA+++ 紫外線吸収剤合成界面活性剤*1不使用

リニューアルポイント!「ラメラ」で守る!日焼け止め美容液エイジングケア成分も配合! リニューアルポイント!「青色光」の怖さを知る!青色光を「ルテイン*2」で吸収!

*1 親水基・親油基とも石油起源の化合物から成る合成界面活性剤  *2 保護成分:ルテイン(キサントフィル)

毎日のスキンケアは、ぬかりなく!まだまだ寒い日が多く、乾燥しがちな3月は、毎日のスキンケアを丁寧に行うことが大切です。クレンジングや洗顔で、お肌の汚れをしっかり落とした後は、潤い補給を念入りにしましょう。日々の丁寧なスキンケアがあってこそ、その後の対策にも意味が出てくるのです。

こちらもチェック! 「美しいお肌は、健やかな体と心と共にある」

  • 角質層の「ラメラ構造」を整える フェース生コラーゲン*1 美容液 詳しくはこちらへ
  • ライフスタイル通信 おいしい食事で美しくなる!
  • リラックス通信 上手なリラックスで美肌生活!

*1 うるおい成分:生体リン脂質(水添レシチン)、生コラーゲン(水溶性コラーゲン)、フィトステロールズ

お肌に悩む全ての女性へ、健康で美しいお肌を届けたい。

セルベスト化粧品は、安心・安全な化粧品づくりにこだわっています。

  • お肌の負担になると思われるものは使用しません。パラベンや香料といった旧表示指定成分に加え、合成界面活性剤*1、フェノキシエタノール、
エタノール*2、鉱物油、色素も無配合です。〈7つの約束〉合成界面活性剤 パラベン フェノキシエタノール エタノール 鉱物油 香料 色素 *1 当社の考える *2 エキス抽出用エタノールを除く

セルベスト化粧品は、確かな変化をお届けします。

  • セルベスト化粧品は、お肌表面を油膜で覆うのではなく、「ラメラ構造」を整えることで、お肌を保湿・保護します。

美しくなるために使うものだから、
お肌に良いものだけを届けたい。 それが私たちセルベスト化粧品の願いです。